【ガガザップ】グルテンフリー、やってみた【その4】


はい、どうも!!

良い子の味方、香川です!!

専門学校の時まで夜の9時には寝てましたよ!

朝は5時くらいに起きてたけどね!


夜更かし代表の里梨ちゃんの写真で今日もスタートしましょう!

里梨「これ、虫歯ポーズっていうんですよ!!しってました??香川さん、絶対知らないでしょ!」


・・・。(知ってる。この前「めざましテレビ」でやってた)心の声


これからの時期、彼女は夜な夜なカブトムシを探しに出て行くのです。





さぁ!

今日のテーマは「グルテンフリー」でございます!


グルテンフリーを有名にしたのは

プロテニスプレイヤーのジョコビッチじゃないでしょうか?

実家がピザ屋でグルテンフリー!(笑)




他にもハリウッドセレブがグルテンフリーを始めたりと、


知っている人の間ではちょっとしたブームになっていたんです!



ここで疑問がひとつ。


「グルテン」ってなんぞや?


相変わらずwikiの説明はまわりくどい!


簡単に言うと、「小麦」と「水分」が混ざった時の「もちもち」が「グルテン」です。



もうひとつ疑問。


グルテンってどう身体に悪いの?




ハッキリと言っておきます。


実はグルテン=危険 ではないんです。


昔から小麦というのは主食として食べられてきました。


悪さをするのは「品種改良」や「農薬」、「化学肥料」の影響を受けた小麦なのです。


パンや麺を作る時に、より「もちもち」「ふっくら」仕上がるように


自然の姿から離れてしまった小麦さんたち。


そんな豹変した小麦達が引き起こす人体への影響こそが、危険なのです。





グルテンを含む食材にはパンやパスタ、うどん ラーメン、そば(十割そばを除く)などの麺類、


 ケーキやクッキー、ドーナツ、などの菓子類、


 お好み焼きやたこ焼き、中華まん、餃子など 


小麦粉を使用していると思い浮かべやすい食べ物から 


フライや天ぷらの衣やシチュー及びカレーのルー


 しょう油やソース、ドレッシング、ビール、一部の食品添加物など 


 一見グルテンは入っていないと思える物にも入っている可能性があります。


このように毎日の食生活において常にグルテンが存在していると言ってよいでしょう。


それを現在多くの人が大量に摂取している状況にあります。 


そして最近の研究でこのグルテンが脳や体にさまざまな悪影響を及ぼすという結果が出ています。




では、グルテンの何が問題なのでしょうか? 


昔からグルテンが引き金になっている病気にセリアック病があります。 


セリアック病はグルテンにより小腸がダメージを受けて栄養が吸収できなくなる病気です。


 症状は腹痛や下痢、便秘、体重の減少などが あるものの、50%の人は明らかな症状がなく 


また、過敏性腸症候群などの他の疾患と 診断されることも多いので 


セリアック病と気づかない場合も多いです。


次にグルテン過敏症というグルテンに反応をしてしまう人が近年急増しています。

 

 これはグルテンにより何らかの不調が出るアレルギー体質であり 


グルテンをとることで腸の免疫システムがグルテンを異物と判断して過剰に反応することで


 炎症を起こしてしまいます。 


 ただグルテン過敏症に関しては自覚症状が ないケースも多く 慢性的な疲労感や下痢、便秘


 集中力の低下、肌荒れ、 PMS(月経前症候群)、生理不順、 不妊、アトピー、ぜんそく


鼻炎などさまざまな症状があるため原因が グルテンにあるとは思いもしないのです。 


 アトピーや花粉症などのアレルギーは 近年パンやパスタ、ラーメンなどを 


たくさん食べる習慣になってから増えてきています。



さらに脳への悪影響 。グルテンは麻薬のような中毒性があります。 


「ダイエットをしたくてもパンやパスタがどうしてもやめられない」というのは 


意志が弱いからではありません。(弱いのもあると思うけど。) 


 人間の体はアミノ酸の配列で物質を認識していますが 


小麦のアミノ酸の配列はモルヒネに 似ているため中毒症状を引き起こしやすいと言われています。


 つまりハイになったり、イライラしたり幻覚や妄想まで起こします。 


さらに心の安定に欠かせないセロトニンが出づらくなったり、 


神経を興奮させるノンアドレナリンを過剰に分泌させてしまいます。


 すると 「記憶があいまいなる」 「情緒が不安定になる」 「うつになる」 「興奮しやすくなる」 


といった症状を引き起こしてしまいます。


さらにさらに、グルテンによる肝臓の炎症は


血糖値を下げるホルモンであるインスリンの 効き具合が下がって 


血糖値が上がりやすくなってしまいます。 


するとインスリンが大量に分泌されるようになって 中性脂肪をどんどんため込んで


細胞が肥大化していきます。 


それだけでなく先程説明したようにグルテンには麻薬の作用があるので


食べれば 食べるほどもっと欲しくなってしまう恐れがあります。


このようにグルテンフリーをすることで 血糖値が上がりにくくなり、 食欲もコントロールできるので自然に痩せやすい体質になります。




僕自身、できるだけグルテンフリー(完全には難しい)をした結果


上で記載した症状とは無縁です!


花粉症も無ければ、たいしたアレルギーもないし


いつでも精神安定してるしお腹の調子も良い!


パンやパスタは元々好きなので、たま〜〜には食べちゃいます♪



完全にグルテンを断つのはかなりの努力が必要です。


ほんっとにいろんなものに(原材料の一部に込む小麦を含む)って書いてます(笑)



まずは減らすところから始めてみてはいかがでしょう?



毎朝のパンをご飯にするとか、


からあげより焼き鳥にするとか、


お菓子よりフルーツにするとか・・・





これまでの【ガガザップ】で紹介した


ケトン体
バターコヒー
添加物
グルテン


この4つの柱を実行して、僕は今無敵状態です。



どんなにお金があっても、「健康」は手に入りません。


「健康」でなければ毎日楽しくもないし


マイナス状態になってから頑張ってもゼロに戻ってくるだけです。


毎日の積み重ねで、僕はプラス方向にまっしぐらです!


もうね、マイナスになれる気がしない!笑





僕は今、次のステージへ進んでいっておりますが


引き続き4つの柱も継続中なので、分からないことがあれば何でも聞いて下さいね!



次回は摂取するといい「栄養素」についてお話します!



では、また!



  

ドライカット専門サロン 美容室FUD

大阪府堺市南区深阪南にある美容室FUDです。 当店はドライカット専門サロンです。 髪にお悩みのお客様に最適なヘアスタイルを一緒に作っていきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000